月曜日
火曜日
 水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
午前
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
    十一屋
10:00-11:30
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
珠洲
10:00-11:30
宝立公民館
午後
  野々市
14:00-15:30
しあわせの湯
       
夜間
 
20:30-22:00
東節子きもの
くみひも学院
  湯涌
19:30-21:00
旧農協2階
(12-2月休講)
瓢箪
19:00-20:30
瓢箪町公民 館
円光寺
19:30-21:00
円光寺文化センター

 
<教室について>
 
・俵は東先生の着付・組紐教室に参加される方、十一屋 は特定のグループの教室です。
・お正月、ゴールデンウィーク、お盆等休講させていただく場合がございます。
・月曜日の瓢箪町のクラスが祝日の場合は、その週の水曜日に振り替えます。
 

 
<月 謝>
種類
金額
備考
週1回(月4回)
3,500円/月
 特定の教室にお決めください。
週2回(月8回)
5,000円/月
 週に2回ヨガをやりたい方向けです。
1回
1,200円/回
 不定期で好きな教室に参加されたい方向けです。

 
<無料体験>
いつでも受け付けておりますので、ご連絡の上ご参加く ださい。
ご連絡は電話でもメールでも結構です。
なお、携帯メールは設定の都合上、届かない可能性もありますので、長村から返信 がない場合には、メールが届いていないとご判断ください。
その際はnagamura@po.incl.ne.jp宛にメールをしていただくか、お電話でお願いい たします。
 
 
<新教室>
新しい教室のご希望があれば、ご相談くださいませ。  

 
 
<講師プロフィール>
長村 和泉
いしかわ社会保険センター、勤労者プラザ、アルプラザ金沢などの講師を経て現在 はフリーで教室を開講中。
〒920-0847 石川県金沢市堀川町24-2
自宅電話     076-262-8712   
E-mail      nagamura@po.incl.ne.jp
携帯メール   fontana.akshari@gmail.com
 

 

2018年01月29日

餡子、水で薄めたやつ・・・


冬になると我が家はよくおぜんざいを作ります。今回の小豆は、毎年お餅用のもち米を分けてもらっている豊作さんのお宅からいただいた能登大納言。

いつものように圧力鍋で圧をかけること15分。蓋を開けてみると、

「あっ、ちょっと加圧時間が長かった?!」

としまった感が過ぎりました。小豆の粒が崩れて原型を留めているものが少なく、ぜんざいというより「餡子」。

それには理由があって、一度に750gを煮るためにレシピどおりに水を鍋に入れると、あまりに鍋ギリギリまで水位が上がって危険だったので、水分を減らして小豆を煮て、煮上がった小豆に水分を足していただくつもりでした。ただ、年末にいただいたばかりの新豆だったので、本当は加圧時間を減らさなくてはならなかったのに、それを失念していたのでした。

しまった感はおくびにも出さず、一応、水分を足しておぜんざいとし、長村さんに出してみました。

「これ、ぜんざいというより、餡子を水で薄めたみたいな感じ・・・」

確かに、自分でもコーヒーのお茶請けに、餡子をお皿に盛ってそのままいただいたりもします。甘さは控え目で自分好みに作ってあるし、能登大納言の香ばしさがなかなかよろしいし、市販の餡子と比べものにならないほど美味しいもの。でも、「水で薄めたやつ」とか言われると、事実なんだけどなんだかなぁ〜。

しかし、750gを食べ切る最後の最後まで、

「餡子を水で薄めたやつ頂戴!」

と言われ続けました。


2018年01月18日

雪の効用


車で雪道にはまりたくないので、お出かけはバスか徒歩を実践して一週間が経過。

買い物は車で出かけたときについでにするのがパターンだったので、車に乗らない一週間、買い物しませんでした。金沢駅に行ったとき、一度だけ100マートに寄ってお豆腐とヨーグルトを求めたかな。後は冷蔵庫・冷凍庫にあるもの、長村さんが作って保存してあったお野菜、乾物で十分に事足りました。特にお歳暮でいただいて冷凍しておいた奈良の大和鶏、鮭の味噌漬け、アジの開きなどがたくさんあったのも幸いでした。

買い物に行かないから当然お金も使わないわけで、18日現在、食費がまだ7000円です。いつも冷凍庫にいっぱいものがあって、何か入れようと思ってもうまく入らずやりくりするのが大変だったりしましたが、今回、目に見えて減ってちょっと気持ちがいい。お金は使わないし、冷蔵庫の整理はできるし、雪もたまには悪くないなぁ〜♪

2018年01月16日

雪、その後


きょうは青空。

20180114_IMG_1454[1].jpg

20180114_IMG_1395[1].jpg

大通りは除雪された雪が通りの両端に積もってはいるものの、走るにはまったく問題なく、路面が乾いているところもあったりします。が、一本なかの道に入ると別世界。いまも車がはまって動けなくなっている音が聞こえています。普通の車でもそんな状態なのに、車高の低い我が愛車はお腹をすってタイヤを空回りさせ亀さん状態になるのが目に見えています。こうなったら愛車には雪が融けるまで車庫にお籠りいただき、クラスにはバスか徒歩出勤です。

14日には視覚障害のある方のためのヨガ教室が予定されていましたが、こんな悪路を歩くのは晴眼者でも危険、中止にした方がいいのでは・・・と思っているところに主宰者から中止依頼のメールをいただきました。そこへ、インストラクター仲間から代行の依頼の電話。理由は聞かなかったけれど、ちょっと声に切迫感があったので引き受けてバスで野々市へ向かいました。

あとで「こんな雪で大変なときに代行を快く引き受けてくれて本当に助かった」とお礼のメールが来ました。朝の4:00から2時間の雪掻き、いつもは40分の通勤に3時間かかってやっと辿り着き、仕事を終えて夜中にまた除雪作業で疲れ切っていたところ、翌日睡眠不足で寝坊し、焦って出かけようとして前進するつもりがギアをバックに入れたままアクセルを踏み、車を玄関戸にぶつけてしまったのだそうです。こんな平静じゃない状態でクラスに行くのはまずいと思って代行を頼んだとのことでした。視覚障害の方のためのヨガが中止になったから引き受けることができたので、なんかうまくできてるなぁと思った次第。

野々市からバスでの帰り道、道端で雪掻きをする人たちが見受けられました。ある若いカップルが車を出そうと、女の子が移植ゴテで凍った雪をカンカンと叩き砕いて、それを彼がプラスチック製のスコップで掬い上げて除雪中。その移植ゴテの使い方じゃ、あんまり割れてないよね・・・。それから男子、スコップの面の1/5ぐらいの雪を載せて運んでるけど、幼稚園児のお砂場遊びじゃあるまいし、20m先にある車まで夜までかかっても辿り着かないよ、ってオバサンはツッコミたかったわ。ああ、彼らには雪掻きすら二人でやれば楽しいイベントなのか・・・。

2018年01月15日

雪道を歩く


雪道の歩き方というのがあります。重心を前に置き、小股で摺り足、かかとからは着地せず足裏全体を地面に下ろす、が鉄則です。雪国育ちの人は体験からなのか、それともDNAに刷り込まれているのか、それが身に着いています。が、広島で育ち、18歳のときに島根県との県境にあるスキー場に行ったときに雪を見たのが初めてだった私はそんなことは露知らず・・・。15年ほど前までは、1時間歩く間に4回は滑って転げるのが当たり前でした。いつだったか、買ったフランスパンをトートバッグに入れて雪道を転びつつ歩いて家に帰って来てみれば、フランスパンが消えていたこともありました。

それが29年も経つと、明らかにへっぴり腰で歩いている人を「ふふん♪」と追い越しつつ、「私も雪道を歩くのが上手くなったものだわ〜♪」と自画自賛するまでに。とは言え、そういう慢心が沸いた途端に転んじゃったんですけどね、2回も♪

そこに、笑っている私を戒めるメールが。もう十年あまり教室に通って来てくれている生徒さんが、雪道で滑って転び左手首骨折、ただいまギブスで来週手術と・・・。病院に行ったら、ほかにも骨折者がたくさんいらしたそうです。聞いてみると、3年前に両手首を骨折した生徒さん、1年前に足の甲を骨折した生徒さんがおられました。

「2回転んでも一切怪我なしなんて、さすが。先生、転び方もお上手なんですね。ヨガのお蔭ですね?」

と褒められましたが、違う、違う、ただ運が良かっただけです。余計なことは考えず、ただひたすら足の運び、足の裏に意識を集中して歩くことに専心します。

2018年01月12日

久々の大雪


12日朝、金沢に雪が50cmほど積もりました。私が金沢に来た頃(1989年)は80cmぐらい積もったりしたこともありましたが、近年は降雪日も降雪量も減少、多めの雪に慣れていない感があちこちで感じられました。

20180112_IMG_1341[1].jpg

我が家の前に100台ほど車を駐められる駐車場があります。会社に遅刻しないようなんとか車を停められるようにしなくては・・・との焦る気持ちはわからないでもないのですが、自分のスペースに積もった雪を隣りの駐車スペースに積み上げている男性がいらしてびっくり。いやいや、後から来たそのお隣りの借り主は困られると思うけど・・・。また、他人の家の外壁にお構いなしに沿わせるように雪を積み上げていく人も。多分いずれも悪気はなく、気が付かれないだけなのだと思いますが、自分がこうされたらどうかしら・・・と考えて行動するのが良いかもしれません。

瀬戸内育ちの私は雪掻き要員としてはまったく期待されておらず、29年間で雪掻きをしたのは片手で足りるほど。ですが、きょうだけは長村さんから「和泉もちょっと手伝って!」と珍しく出動要請がありました。

「積み上げた雪の持って行き場がなくなってきたから、雪の山を踏み固めて
 もっと積めるようにして!」

雪掻き要員ではなくプレス要員でした。最初は左脚を軸に右脚を振り上げては下ろしを繰り返し、右脚が疲れてきたら今度は左脚で。それも疲れてきたら、バリカーを両手て掴んでピョンピョン跳び跳ねながら移動して行きます。ちょっと楽しい♪

片脚ずつ使っているときには腹筋強化、ピョンピョン跳んでいるときは心拍数を上げて心肺機能強化。うふふっ、転んでも5円玉を握り閉めて立ち上がる女の本領発揮よ。クラスの前に1時間ほどやったら、ひと汗掻いて気分爽快。 


2018年01月09日

食パンも耳付きの端っこが好きよね!


長村さんの同級生から奥様手作りのフルーツケーキが届きました。

20180109_IMG_1325[1].jpg
ラム酒漬けドライフルーツとナッツがふんだんに♪

中のドライフルーツは、奥様が30年近く注ぎ足し注ぎ足しして作っておられるラム酒漬けだそう。まあっ、まるで「創業◯◯年、代々受け継がれてきた秘伝のタレ」みたいな趣きで、有り難さと美味しさがいただく前からア〜ップ♪

実際、甘さ控えめ、パウンド生地は柔らかすぎず堅すぎず、アルコールにはわりと強めのこの私がちょっと気持ち良くなってしまったのでは・・・と思うくらいラム酒がしっかりと効いていてとっても好み♪ もう何度も何度も作って、いまや目を瞑っていても焼けるわ、みたいな安定感を感じさせるフルーツケーキでした。

「俺は端っこね♪」

と長村さん。

うぬぬぬ、こういうパウンドケーキ系は端っこが香ばしく焼けていてことのほか美味しいってこと、知ってたの? これまで「見栄えのいい方を長村さんに。私は端っこでいいから」と控えめな妻を演出しつつ、一番美味しいところを食べていたのに、残念ながらもうこの手は通用しないのね・・・。

2018年01月06日

まだ大丈夫


「もう、お昼ご飯、食べたっけ?」

と長村さん。

時間を見ると13:20。あらあらいつの間に。お昼を食べるのを忘れてそれぞれが自分の作業に集中していたみたい。でも、言ってみた。

「あら、いやだぁ〜、長村さんったら。さっき食べたじゃない」

「・・・俺はまだ欺されんぞっ」

そうなの? 安心したけど、欺されてくれるなら楽チンなのに♪
仕方ない、大好きなお雑煮を作ってさしあげましょう。

2018年01月05日

「白菜」と「角煮」


「白菜」と「角煮」とは。

どちらも台湾の台北市にある国立故宮博物院に収められている作品です。

「白菜」の正式名称は「翠玉白菜」という有名な翡翠の彫刻です。畑で採れる白菜大かな?との私たちの想像を裏切るその小ささで盛り上がりました。ベルギーの小便小僧とか、デンマークの人魚像とか、実物を見たら思いの外小さくてなんだかガックリ、なのに有名、なものが世界にはいろいろあるよね〜。白菜の実物は187×91mmだそうで、まるで巻きが悪いうえに虫食いの外葉を剥がしていったらこんなになっちゃいました的な、うちの珠洲の畑のできが悪い白菜寸法・・・。

「角煮」は「肉形石(にくがたいし)」でトンポーローという豚の角煮の一種を模した彫刻です。あまり美しいとも思えない色や造形なので、実物を見て確かめてこようと思います。

それにしても、白菜やら角煮やら、日本人ならあまり選択しなさそうな題材が美術作品になっているところが何やら面白い。

ちなみに、白菜と角煮はストラップなどのグッズでたくさん売られているそうです。食べ物のミニチュアに弱い私がこの性癖を抑えて買わずに済ませられるか・・・。

2018年01月04日

嫌味も言ってみるもんだわ♪


年末に武山夫妻とご子息Y君が来沢されました。武山夫妻とはこの数年、いっしょに建築を見て回るのが恒例になりました。長村さんは素人の私と見学しても教える一方だけど、建築の専門家である武山氏とは建築論議ができるのがことのほか楽しい様子。そして三十数年前に手を繋いで歩いたY君は立派な青年に成長しましたが、彼も建築を見て歩くのがお好きなようで、おじさん&おばさんツアーなのに嫌がることなく参加してくれます。

Y君は2〜7日までソウル旅行とのこと。休みが取れると、まるで国内旅行のようにリュック一つでひょいと台湾や中国に出かけていくそうで、その身軽さが羨ましい。ヨーロッパに興味はないの?と尋ねてみると、やはりヨーロッパを旅行するほどの休みは取りにくいとのこと。

「私は台湾に興味があるのに、長村さんがアジア圏は絶対ウンって
 言わない。私がインドから帰って来たときも、まず第一声が
 『病気、持って帰ってきてないだろうな』だった・・・」

と、いまだに根に持って嫌味を言ったら、私を哀れに思ってくださったのか
武山氏が、

「よし、じゃあ、今年の建築ツアーは海外だ。
 台湾に行って白菜と角煮を見よう!」

アジア圏には足を踏み入れたくないけど見たい建築は山のようにある、教科書に載っていた白菜と角煮も実物を見るのは大事だ、武山氏と一緒に行けるなら、う〜む、行くか!と長村さんの心が動かされたようで、5人で台湾旅行決定。心が決まると早速見たい建築をGoogle mapでプロットしてプランを練り始めました。そして台湾は庭のようなY君と長村さんでメールが行き交い緻密な旅行計画が出来上がりつつあります。

2018年01月02日

断捨離


今、私たちが住んでいる家を建て替えることになり、引越はもう少し先ですが、32年間に溜まったモノを処分していかなければならなくなりました。

これまで何度か大々的に整理としようとトライするも、「うーん、今は使っていないけれど、あれでももしかしたら必要になるときがあるかも・・・」とか、「今はパッツンパッツンでも、万が一痩せたらちょうどよくなるかも・・・」と万が一など起きるはずはないとわかっていても捨てられない。「判断がつかない・・・もう、考えるのが面倒臭い。整理しようって気は起きなかったことにしよう」と挫折を繰り返したきた身。そんな私でどうなることやらと思っていましたが、今年2月から家庭ごみ有料ゴミ化がスタートするのと相俟って、私は潔い女に変わりつつあります。

これはちょっとびっくりでしたが、長村さんがリビングの壁一面に並んでいた三十数年分の建築雑誌も建築関係の教科書も処分(もう定年してしまおうという魂胆がミエミエではありませんか)。その空いた本棚に普段着の洋服やチェストの上に置いてあった本やワインなどあれこれを収納したら、リビングの趣きが変わるくらいスッキリ。なんだか雑巾がけすら楽しいのです。

ひところ流行った断捨離。流行りモノに食指の動かない私は、断捨離で人生が変わるってぇっ?な〜んて斜めに見ていたのですが、確かにこの爽快感は大袈裟ではないかも。

過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。