月曜日
火曜日
 水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
午前
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
    十一屋
10:00-11:30
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
珠洲
10:00-11:30
宝立公民館
午後
  野々市
14:00-15:30
しあわせの湯
       
夜間
 
20:30-22:00
東節子きもの
くみひも学院
  湯涌
19:30-21:00
旧農協2階
(12-2月休講)
瓢箪
19:00-20:30
瓢箪町公民 館
円光寺
19:30-21:00
円光寺文化センター

 
<教室について>
 
・俵は東先生の着付・組紐教室に参加される方、十一屋 は特定のグループの教室です。
・お正月、ゴールデンウィーク、お盆等休講させていただく場合がございます。
・月曜日の瓢箪町のクラスが祝日の場合は、その週の水曜日に振り替えます。
 

 
<月 謝>
種類
金額
備考
週1回(月4回)
3,500円/月
 特定の教室にお決めください。
週2回(月8回)
5,000円/月
 週に2回ヨガをやりたい方向けです。
1回
1,200円/回
 不定期で好きな教室に参加されたい方向けです。

 
<無料体験>
いつでも受け付けておりますので、ご連絡の上ご参加く ださい。
ご連絡は電話でもメールでも結構です。
なお、携帯メールは設定の都合上、届かない可能性もありますので、長村から返信 がない場合には、メールが届いていないとご判断ください。
その際はnagamura@po.incl.ne.jp宛にメールをしていただくか、お電話でお願いい たします。
 
 
<新教室>
新しい教室のご希望があれば、ご相談くださいませ。  

 
 
<講師プロフィール>
長村 和泉
いしかわ社会保険センター、勤労者プラザ、アルプラザ金沢などの講師を経て現在 はフリーで教室を開講中。
〒920-0847 石川県金沢市堀川町24-2
自宅電話     076-262-8712   
E-mail      nagamura@po.incl.ne.jp
携帯メール   fontana.akshari@gmail.com
 

 

2017年12月23日

どちらも美しいなぁ


美しいいただきものはテンションがあがります。お歳暮にいただいたフルーツケーキとクッキーで幸せ気分に浸りました。

20171217_IMG_1105[1].jpg
「アンデルセン」のフルーツケーキ

20171219_IMG_1113[1].jpg
セロファンを剥がしたら

箱を開けたときには包まれたセロファンでその姿がよく見えなかったのだけれど、いざ食べようとそのセロファンをオープンしたら、彩り美しいラム酒漬けのドライフルーツがこれでもかっ!ていうくらい載っていました。ウキウキと一切れカットしてしまってから、「あっ、写真・・・」と気付いちゃった。

20171223_IMG_1205[1].jpg「レストランよねむら」のクッキーの詰め合わせ

「あっ、これはあのクッキー!」と感激したのは、2日程前に美容院でパラパラと捲っていた雑誌にちょうどこのクッキーが掲載されていて、そのたたずまいの美しさとシックな色合いにしばし眺め入って、「どなたか私にこんなクッキーをプレゼントしてくださらないかしら・・・」と夢見たから。

全部甘さ控えめで、左下二列に並んでいる正方形はバターの効いたチーズクラッカーとく感じで長村さんもお気に入り、全体を引き締めているグリーンは私好みのお濃茶のような抹茶クッキー。ほかに黒胡麻、柚子、ぶぶあられ、黒糖きなこ、七味、ジンジャーなど和風味満載。そして、抹茶は京都の老舗茶園の丸久小山園、ぶぶあられは京都鳴海屋、七味は七味屋本舗と京都の味も楽しめます。


2017年12月08日

やっぱり、だめ?!


今シーズン初の寒さ。我が家は1800×900(mm)の机に長村さんと私のパソコンを並べて同じ方向を向いて仕事をしており、二人の椅子間のやや後方にファンヒーターを置いて暖を取っています。寒くなると私はそのファンヒーターを微妙に自分の方に向けて余計に暖まろうと意地汚いことをやりますが、彼は鷹揚にそんな私を許してくれます。

それにしてもきょうは足元から寒さが這い上がってくる感じ。鷹揚ついでに言ってみました。

和泉:長村さん、私より先に寝るでしょ? まず私のお布団に入って
   私のお布団が十分に暖まったら自分のお布団に戻っていいよ♪

寛行:なにをーっ(怒)、和泉こそ、藤吉郎になれ!

信長のぞうりを懐で温めたという木下藤吉郎のエピソードね(笑)。

2017年11月10日

我が家のデート事情


「和泉、明日、時間があったら近江町に付き合ってくれない?
 比賀昆布店でお餅に入れる昆布が買いたいんだ」

これまで毎度、長村母に買って来てもらっていましたが、初めて自分で行ってみようと思ったらしいです。長村さんに買い物に誘われるなんて、結婚して31年あまりが経つけれど、両手で事足りるほどしかないと思うわ。あとは私が誘って、彼の食指の動くところならOKだけど、気が進まなければ断られ、まあ、これまでの人生で半分以上は断られてきたから、チョー珍しいお誘い。

「うふふっ、長村さんとデートだぃ♪」

と言ったら、ニッコリ笑って

「毎週土曜日にデートしてるじゃない♪」

・・・。珠洲に行くまでの2時間のドライビングは、運転してくれる長村さんには大変申し訳ないけれど、私の睡眠不足解消タイムだし、時候の良いときに、気分任せで、思いついた時に、好きなだけやれば良い農作業なら気分転換にとてもいいけれど、時と気候を選べない我が家の農作業は、苦行の何ものでもないっと思っていました。デートだったのね・・・。

2017年11月07日

二層のジャム


「和泉、ジャムを送ったから食べてね」

と広島のKからメール。Kは私の高校・大学の友人で、もう40年近い付き合い。20年前には、長村さんに住宅の設計・監理を依頼してくれました。当時4歳と2歳だった娘たちは美しく成人し、二人にそれぞれ誂えられたお振り袖は加賀友禅作家の中町博志先生にお願いして描いていただいたもの。その橋渡しをさせてもらったせいか、

「和泉は私のために金沢に嫁いでくれた♪」

と言います。

自分が心から気に入ったものを選択するためにその距離は問わない、こだわりを持った女性なので、Kが送ってくれるというジャムが普通のジャムではないだろうなとは想像していましたが・・・。

20171107_IMG_0745[1].jpg
左/キウイ&アーモンドマスカルポーネ
右/木イチゴ&ピスタチオミルク
実物はもっともっと美しい佐川優一さんのジャム

2色のコントラストが本当に美しい。瓶もシンプルで素敵。
ピスタチオのミルクジャムってどんなお味なんだろう。

28年前、イタリアのジェラート屋さんでグリーンが美しいジェラートを見つけ、「あっ、抹茶♪」と嬉しくなって求めようとしたところ、よくよく見ると「pistacchio」。今でもこそ珍しくもありませんが、そのときが初見でつい殻の付いた塩気のあるピスタチオが思い浮かび、「あの味でジェラート?!」と思ったら萎えてしまったのよね〜。でも、周りのイタリア人の多くがピスタチオを選んでいて、とっても人気だったわ。まだまだ冒険心のなかったうら若き私はオーソドックスなチョコレートや苺を選び、食べず終いで今に至ります。今ならワクワクしながら食べてみるけれど。

ふとそんなことを思い出させてくれるジャムでした。

眺めてはうふふっとニンマリするのが楽しくて、未だに開封できないでいるんですけどね・・・。

2017年11月04日

安納芋の焼きいも


今日の珠洲の畑でのランチは、安納芋の焼きいも〜〜〜♪

20171104_IMG_0675[1].jpg
ヘチマを煮る隣りで焼き芋作成中

ボーイスカウト少年だったヒロユキ君が、昨晩、安納芋を新聞で包み、その上からアルミホイルでさらにくるんで準備してくれました。ヘチマを煮ながら、ゆっくりとお芋も焼いていきます。

20171112_IMG_0810[1].jpg
皮を剥くと・・・

20171112_IMG_0811[1].jpg
パカッと二つに割ったところ

まっ黄色
ねっと〜〜〜り
水分じゅうぶーん
ナニ、この尋常じゃない甘さっ!

もう他のサツマイモを植える気にはなれません。

ただ、私たちが思うことはみんな思うわけで、毎年5月に安納芋の苗をゲットするのが大層困難。何年も長村さんが時期を見計らってほがらか村に通い続けても叶わず、今年初めて奇跡的にタイミングがあって手に入れた苗なのです。

「定年退職して暇をもてあましているおじさんたちじゃないとゲットできないんだよなぁ。」

「長村さんもそのおじさんたちとあんまり変わらなくないっ?!」

「まあ、似たようなもんなんだけど」

「来年はほがらか村に張り付いていて絶対ゲットして!
 (長村さんには mission possible ♪)」

2017年10月28日

台風の爪跡


珠洲の畑に到着したら、まず畑の周囲をひと周りします。たとえば今なら、

「きょうはイチジクが収穫できるかしらん♪」
「長村さんが植え替えたアーティチョークは根付いたかしら」

と、自分が気になるものの状態を把握するために。
しかし、イチジクの樹に嬉々として近づいた私の目は点・・・。

20171028_IMG_0626[1].jpg
スギとイチジクの枝や葉っぱで埋め尽くされた道路

4日程前の台風の爪跡の禍々しいこと。金沢って白山に守られているせいか、台風の被害が本当に少ない土地です。今回も風は少々強かったものの大した被害はなかったので(あとで浅野川沿いのマンションに住むヨガの生徒さんが、「浅野川の水位がかなり上がってちょっと怖かったです」とおっしゃっていました。)まったく心配していなかったのですが、珠洲はとんでもないことになっていました。

20171028_IMG_0630[1].jpg
お隣の畠田さんが伐って燃やそうとされていた柚子の
大きな枝がうちの畑まで飛ばされて来ていました。
柚子は棘があるので、除けるときに長村さんが血を見た模様。

20171028_IMG_0636[1].jpg
一時間後。一輪車で8回くらい往復。

いつもデイサービスの車が通る道路なので、5日間もご迷惑をおかけしてしまったことになり申し訳なさでいっぱい。イチヂクには目もくれず熊手と箒で散らばった枝をかき集めました。

ブロッコリーにかけてあった布トンネルはめちゃくちゃになり、2株が再起不能。アーティチョークは茎が折れ、ジャガイモの葉っぱはあらかた吹き飛んで茎のみというもの悲しい結末に。農業で生計を立てておられる方たちの被害が気になります。

2017年10月27日

ささやかな外交


朝8:40頃、此花公民館でのヨガのクラスに向かったら、入り口前でアジア系の若い男性が何やらスマホで撮影中。しかし、その被写体は建物外壁のガラスブロック??? この方のお国にはガラスブロックがないのかしら・・・と不思議に思いつつ、邪魔をしないように彼の後ろを通り過ぎようとしたら、写真を撮って欲しいとスマホを渡されました。どうも外壁前に停めてあったブルーの自転車がお気に召した様子。その自転車の前に、しかも後ろ向きで私に背を向けて立ったところの写真がご所望だったのが笑えました。

「ご親切にありがとう。僕は台湾から来ました」

と言われたので、

「まあ、台湾から?! 東北大震災のときに台湾の皆さんが日本のことを心配してくださって、たくさんの義援金をお送りくださったことを日本人は忘れていません。その節は本当に有難う」

とお礼を言うと、大層喜んでくださってハグを求められました。私も嬉しくなって、二人して背中をポンポンたたきながらしばしハグ。心の中で若いお嬢さんなら良かったのに、おばちゃんでごめんね〜と思いながら。

「金沢はとってもいい街です。東京にも行きましたが、すべてが速すぎて僕は落ち着かなかった。その点、金沢はゆっくりとしたテンポでとてもcomfortable(居心地が良い)!」

と金沢を気に入ってくださった様子。そしてなんと、29日に行われる金沢マラソンに参加するのですって。そういえば、何かスポーツをするような出で立ちでした。台湾にまで金沢マラソンのことが知れ渡っていることに驚いちゃったわ。

クラスが終わってそのことを長村さんに話したら、

「いい外交したじー」

とお褒めに与りました。 

2017年10月15日

長村さんのヘチマ


長村さんが自分で言うところの「本気菜園」とは。「農業」と言うのはプロの方に対しておこがましく申し訳ない、でも、素人さんの「家庭菜園」に比べると本気度が違う、というわけで、自分の畑を「本気菜園」と呼んでいます。

彼の本気菜園の良さは、周りでも作っている人がいないものにもチャレンジする精神。アスパラガス、落花生、生姜はご近所ではなかったなりものです。今年はアーティチョークまで作ったもんね。そして、今や株分けしてどんどん増殖中♪

ストックがなくなったということで、今年はヘチマタワシを作る年。

20171014_IMG_0483[1].jpg
地べたを這うヘチマ

20171014_IMG_0484[1].jpg
大きいものは軍手の3倍くらいの長さ

20171014_IMG_0485[1].jpg
大鍋で煮込み中。30分ほど茹でると皮がペリッと剥けます。

20171015_IMG_0529[1].jpg
上のネットは乾燥中の落花生
下のソックスみたいなのがヘチマ

20171015_IMG_0530[1].jpg
拡大

茹でて皮を剥いたヘチマの中には種が残っているので、それを取り出し、汚れをきれいに洗って乾燥させます。

ときどきお風呂で体を洗っていてふと見ると、突然、でっかい黒いほくろが出現して慌てふためくことがあります。何せメガネを外しているから薄ボンヤリの世界なのね。よくよくみると、ヘチマタワシの中から出た種が体に貼り付いていて苦笑い。

2017年10月10日

いいのか、それで・・・


「和泉先生って、ゴムまりみたいですね」

と、ある生徒さんの一言。

そしたら、

「ほんと、ほんと。まさにゴムまり!」
「うまい、当たってるぅ」

と周囲の生徒さんにも大ウケ。

姉は「まり」ですが。また言われちゃった・・・。ってことは、そのイメージ、間違ってないってことだよね。

「『ヨガの先生ってどんな人?』って友人に聞かれたので、『まるでゴムマリのような人よ!』って答えました」

と、全然別のクラスの生徒さんにも同じことを言われてます。

皆さんは「元気よくはね返ってくる感じ」を言いたかったそうですが、20代ならともかく、いい歳してそれってどうなん・・・?
それともナニ、「丸っこい」が言いたかった?

2017年10月07日

秋ならではの収穫


秋は、畑に植えた落花生から始まり、さつまいも(しかも今年は黄色くて甘味の強い安納芋!)、生姜、里芋と土の中のものの収穫が忙しくなります。が、放っておいても樹になってくれるものの実りも多い時期です。しかも、我が家にはなくても、お隣の畠田さんがお約束のようにご自分ちの収穫物を毎年毎年我が家にくださるのですから、なんとも幸せなこと。

20170915_IMG_0261[1].jpg
我が家のイチジク

数年前までは、てっきり鳥に食べられているとばかり思い込んでいたイチジクを一番楽しんでいたのはスズメバチでした。「あっ、まさに食べ頃♪」と熟し具合がちょうどいい実に浮き浮きしながら近寄ってみれば、実の裏側ではスズメバチがせっせとお食事中ってのばかり。しかも、彼らのお食事後、中身はきれいに食べられて内側の赤い色を見せながらベロ〜ンと垂れ下がって風に揺られている外皮はとってもシュール。

20171007_IMG_0440[1].jpg
本日の収穫

去年まではもっとたくんさん収穫できていたのに、きょうはこれだけ。スズメバチにしっかり我が家のイチジクの味を覚えられてしまった模様。最初の頃は鷹揚に、「いいわよ、少しくらい」な〜んて思っていたけど、いまじゃ、憎々しいったらないわ。なんだか、「軒を貸して母屋を取られる」の気分・・・。

20171007_IMG_0448[1].jpg
畠田さんちの大粒の栗

20171007_IMG_0466[1].jpg
今年もたくさんいただきました。

持ち帰って水につけ、浮いた虫が食ったりしているものは除けます。そして、80℃くらいのお湯で2〜3分茹でます。そうすると、もし虫がいたとしても成長を止めることができるそうです。そしてチルドなどに保存し、ひと月ほど置くと糖度が増して美味しくなるそうです。もっと保存したいときはその後冷凍です。

20171007_IMG_0446[1].jpg
畠田さんちの銀杏

とっても秋らしい画像です。この玉状の外皮を外すと、中から銀杏が出てきます。

20171011_IMG_0471.JPG
16個のイチジクで作ったジャム

イチジク大好きな私なのに、なぜかきょうは体が冷える感じがして生のまま食べたいという気持ちが起こらず・・・。そこで以前、「昔、おばあちゃんが作ってくれていたイチジクのジャムが食べた〜い」と言っていた姉の言葉を思い出しジャムにすることに。ジャム瓶2.8個分になりました。落花生、里芋、生姜が収穫できると長村さんが毎年姉に送ってくれるので、そっと忍ばせたいと思います。あね、待ってて! ただ、シナモンが入っている分、おばあちゃんのジャムよりちょっとハイカラな味だから♪
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。