月曜日
火曜日
 水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
午前
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
    十一屋
10:00-11:30
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
珠洲
10:00-11:30
宝立公民館
午後
  野々市
14:00-15:30
しあわせの湯
       
夜間
 
20:30-22:00
東節子きもの
くみひも学院
  湯涌
19:30-21:00
旧農協2階
(12-2月休講)
瓢箪
19:00-20:30
瓢箪町公民 館
円光寺
19:30-21:00
円光寺文化センター

 
<教室について>
 
・俵は東先生の着付・組紐教室に参加される方、十一屋 は特定のグループの教室です。
・お正月、ゴールデンウィーク、お盆等休講させていただく場合がございます。
・月曜日の瓢箪町のクラスが祝日の場合は、その週の水曜日に振り替えます。
 

 
<月 謝>
種類
金額
備考
週1回(月4回)
3,500円/月
 特定の教室にお決めください。
週2回(月8回)
5,000円/月
 週に2回ヨガをやりたい方向けです。
1回
1,200円/回
 不定期で好きな教室に参加されたい方向けです。

 
<無料体験>
いつでも受け付けておりますので、ご連絡の上ご参加く ださい。
ご連絡は電話でもメールでも結構です。
なお、携帯メールは設定の都合上、届かない可能性もありますので、長村から返信 がない場合には、メールが届いていないとご判断ください。
その際はnagamura@po.incl.ne.jp宛にメールをしていただくか、お電話でお願いい たします。
 
 
<新教室>
新しい教室のご希望があれば、ご相談くださいませ。  

 
 
<講師プロフィール>
長村 和泉
いしかわ社会保険センター、勤労者プラザ、アルプラザ金沢などの講師を経て現在 はフリーで教室を開講中。
〒920-0847 石川県金沢市堀川町24-2
自宅電話     076-262-8712   
E-mail      nagamura@po.incl.ne.jp
携帯メール   fontana.akshari@gmail.com
 

 

2017年09月30日

落花生収穫開始


きょうから落花生の収穫開始。

20170930_IMG_0382[1].jpg
全7畝のうち、一番右の畝を本日は収穫
ひと畝15株

莢を引き上げればサーッと抜けるような砂地なら楽ですが、我が家の土はちょっと粘土質。莢がちぎれないように少しずつ掘り起こして行くのはかなりの重労働。かつて一度だけトライしたことのある私ですが、息は上がるは腰は痛いは、たった一株で「もう二度と無理〜ぃ(泣)」と脱落。長村さんは15株を全部一人で掘り起こします。汗がポタポタを流れ落ち、途中でメガネのレンズに溜まった汗を落とさないと前が見えないという状態になります。

20170930_IMG_0384[1].jpg
掘り起こして裏返しにしておいた落花生
今から莢を一つひとつもいでいきます。

20170930_IMG_0404[1].jpg
約32リットルくらいの収穫量

さて、これを金沢の自宅に持ち帰り、何回も水を替えながら洗って土を落とします。そして、

@来年の種用
A乾燥用(黒豆とともに入れる豆餅用+煎って食べる用)
B茹で用(人様に差し上げる大粒分)
C茹で用(自家用分)

の4種類に選別。

20170930_IMG_0421[1].jpg
干しカゴで乾燥中

特に落花生に生えるカビは「アフラトキシン」という肝障害を引き起こす猛毒なので、ひたすら乾燥させます。

20171008_IMG_0467[1].jpg
さらに乾燥中

この干しカゴである程度乾燥できたら、今度はケースに入れ替えて、太陽を追い求めながら一日に何度も場所を変えつつカラカラになるまでさらに乾燥します、長村さんが(笑)。

そして、ひたひたのお水にお塩を入れて1時間半ほどグラグラと茹でた落花生は、この時期だけの恵み。初めて食べられる方は「茹で落花生がこんなに美味しいものだとは・・・」と驚かれますし、よくご存じの方は「ああ、この時を待っていたの」と喜んでくださいます。

食べ出したら止まらなくなる食べ物NO.1!


2017年09月13日

またまた初体験 蕁麻疹編その3


昨日火曜日は、目が覚めたら5:47でした。我が家の自宅前には100台くらい停まる駐車場があって、飲食店で仕事を終えた人たちが夜中の1時、2時にエンジンをふかします。時には大音量の音楽をかけ、大きな声でおしゃべりが長時間続いたりするので、いつも必ず目が覚め熟睡もできません。が、きょうは薬のお蔭か一回も覚ますことなく深く眠ったようです。

そして痒みはほとんど止まり、膨疹もほとんど消え、下着の当たる部分や右てのひらに赤みが残っているだけになっていたので、これで終息に向かうものと喜んでいました。ところが、夕方からまた悪化。また元に戻ってしまった膨疹と痒み。収まるどころか、まだまだ膨疹の勢いは増しています。恐らく、点滴の効果が切れてしまったものと思われます。一日一回の内服薬がうまく作用してないみたい。私の身体は一体何と闘っているのでしょう?

水曜日午前中、ヨガ2クラス。血行が良くなってまた悪化するのかしら・・・と思いながらやっていたら、

「あっ、皆さんからの良い気をもらっている・・・」

と感じられた瞬間がありました。すると身体と気持ちがスッと楽になったのです。ああ、もうこれで大丈夫、と思えてしまいました。そのせいか、ヨガ終了後も膨疹がひどくなることはなく、勢いが弱まっていくのを感じました。

まだまだ身体じゅうはまだら模様ですが、痒みは完全にコントロールされています。膨疹や痒みが止まっても残り10日分の薬は最後まで服用するように言われていますので、まだ気持ち的には完全に蕁麻疹とオサラバできませんが、きっともう大丈夫。血液検査(でわかる範囲で、だけど)でお墨付きをもらった身体がうまく対処していってくれるでしょう。

あとは、やらなくてはいけないことはやっていかなきゃいけないし、我が家の立地条件から良い睡眠が取りにくいのも仕方のないことなので、それはそれとして、できるだけ疲労を溜めないで回復できるよう早寝をし、当分苺ショートケーキと生クリームは絶って・・・一生食べないと言わないところが私だと自分でも苦笑いですが、クリーニングの袋を外して保管を鉄則として生活いたします。

2017年09月11日

またまた初体験 蕁麻疹編その2


その後、膨疹は増殖し続け、今や膨疹同士がくっつき合い、陸を形成してきました。

「おっ、和泉、アメリカ大陸になったじゃん!」

と場を和ませようと言ってくれても、こちらは「笑ってる場合か・・・」の心境なのよ、長村さん。

そして昨日から一睡もできず2日目を迎えました。保冷剤をタオルでくるんで痒み対策のために身体に当てています。冷えると少しは痒みも忘れられますが、保冷剤を他の場所に移動していたらまた元のところが痒くなってといたちごっこ。しかも、上半身から始まった蕁麻疹がいまや足の甲あたりまで南下、全身に広がってきています。

午前中のヨガのクラスはいつも通り終えました。何かに夢中になっていると痒みも全然気にならないのです。が、わかっていたこととはいえ、ヨガで血流が良くなり体温が上がってしまったら、赤みは増し、大陸は広がり厚みを増して堅くなり、体表が熱いっ! とうとう足の土踏まずにまで出てきました。保冷剤2個に冷やしたタオルを全身に当てても痒みで思わず呻き声が上がります。アトピーで苦しんでいる方の辛さがほんの少しですが垣間見えました。24時間が経過した膨疹も消えている様子はまったくなし。さすがの私も病院へ走りました。

でも、80%以上の蕁麻疹の原因は不明だそうで、医師も問診と膨疹の状態を見るだけ。いつもは「110-70」台の血圧が「150-84」。「緊張していらっしゃいますか?」と医師に聞かれましたが、私としては緊張というよりこの状態に対する大きなストレスのせいだと思います。結局、1時間の点滴と内服薬の処方となりました。

それにしても点滴の効果はスゴイ。点滴を打ち始めてから眠ってしまったようですが、30分もしない間に痒みは止まり、膨疹も消え始め、終わった頃にはほとんどの膨疹が消えていました。点滴自体に眠気を誘うものが入っているとのことで、車で来たと言ったら医師にちょっと心配されましたが、自宅まで近いってことでお許しをいただき帰って来ました。

自宅に戻ったら気がぬけたのか、ものすごい疲労感とだるさ。とにかくきょうは眠らなくては。

一つだけ良かったことが。転んでも5円玉を拾って立ち上がる女は健在です。20年以上健康診断を受けていない身なので、血液検査くらいはしておかなくちゃ、と常日頃思っていたのです。スイーツ大好きな私は血糖値が心配だったの。今回やっていただけてラッキー。

「何も問題ありません。すべて正常ですし、ミネラルや◯◯(忘れた!)も
 しっかりあります」
「先生、血糖値は?」
「まったく心配ありません」

えっ、そうなん? 私ほどのスイーツ好きでも大丈夫なん? ラッキー!!


2017年09月10日

またまた初体験 蕁麻疹編その1


毎年恒例の「いしかわ伝統芸能音楽祭」があり、「べんがら格子」(私の師匠が主宰するグループ」で仲間10名と篠笛を吹いてきました。演奏、篠笛のワークショップ終了後、15:00頃ホテルのティールームでケーキセットいただきながらみんなでおしゃべりして自宅に戻ったのは16:30。

洋服を着替えてデスクについたところ、左二の腕の内側に痒み。アレ?と見てみると、蚊にさされたような跡。いつの間に?と思ったら、今度は右側が痒い。同じようにプクッと膨れた後。おかしい・・・と鏡で腕を見てみたら、一つどころか10cmくらいに広がった赤い膨疹。あっ、蕁麻疹? 服を脱いでみたら、腕、胸、ウエスト周り、太ももと柔らかい部分にまだら模様。なんで? なんで?と人生初の蕁麻疹に茫然。

笛を吹くときにはお腹にあまりものを入れておきたくないため、今朝は梨とバナナとヨーグルトしか食べていない。お昼も終了後にと思っていたので抜いていました。なので、食べ物に対してのアレルギーだとすれば、1時間ほど前に食べた苺のショートケーキ? いつもなら「苺の季節じゃないのに?」と思うのに、きょうは何も考えず選んでしまったのでした。もしかして、防腐剤がバッチリかけてあってそれがまずかったか。あるいは、クリーニングから戻ってきた白いシャツ(出演者全員白限定だったので)を、かけてあったビニールを外すのを忘れて保管してしまっていたものを着なくてはならず、クリーニングの溶材に反応してしまったのか。思い浮かぶのはそれだけ。

ネットで調べてみると、苺のみならず生クリームも蕁麻疹の原因になったりするみたい。クリーニングの溶材も確かにあったわ。でも、これまでそういう機会はいくらでもあったけれどアレルギーとは無縁、蕁麻疹なんて人ごとだと思っていました。でも、年齢と共に体質が変わることはよくあるので、そろそろそういう時期だったり、私の日々の生活がちょっと忙し過ぎたりするってことのサインなのかもしれません。そういえば、8月以降日曜日がなく、ヨガのイベント、法事、セミナー(県外で再来週も)と休めてないなぁ。

膨疹自体は発疹から数時間〜24時間で収まるとあったのですが、収まるどころか、どんどん広がっていっているのが一抹の不安・・・。

2017年09月09日

昭和人御用達二十世紀梨


黒部のクライアントから梨「幸水」をお送りいただきました。

20170909_IMG_0202[1].jpg
一つひとつ可愛いイラストの薄紙にくるまれています。

先日、スーパーで「新水」を購入したら、「なんじゃ、これ。柔らかいっ!」と長村さんに不評。リベンジしたかったのですが、幸水を送っていただけることがわかってから我慢の子でした。

幸水、甘味も強く、みずみずしく、しゃきしゃきと美味し〜いぃ〜。桃が終わり、シャインマスカットが始まって、梨と我が家の夏の三大フルーツが毎日楽しませてくれます。しかし、一回に一人一玉を平気で食べるので、たくさん送っていただいたのにあっと言う間にたいらげてしまう私たち。一箱食べてもまだ梨とはオサラバできないわ。

というわけで、瓢箪町公民館でお世話になっている方が近江町の果物屋さんなので聞いてみました。「二十世紀梨ってある?」

実はね、古くさい「二十世紀」が私たち二人とも好きなんです。フルーツってどんどん品種改良されて、従来よりさらに美味しいものが出回っています。シャインマスカットなんてその恩恵の何ものでもありません。しかし、こと梨に関しては、品種改良品に押され気味で店頭に並んでない二十世紀をこよなく愛する私たちなのです。

「二十世紀かぁ、あるにはあるよ。今シーズン、5回くらいしか入ってきてないけど・・・」

と、もっと美味しい梨があるのに、君、変わってんね?!とでも言いたげな反応。やっぱり、そういう扱い? 

きょう、一箱届けていただきました。大20玉。これよ、これ、このグリンの皮の色♪

「幸水ももちろん美味しくて、甘味も幸水の方が強いけど、このみずみずしさとシャキシャキ感はやっぱり二十世紀が一番だと思わない? オレたち、古くさいよね〜♪」と長村さん。

そうそう昭和人間だからねぇ〜。今年は幸水と二十世紀の両方を堪能できてしあわせ♪


2017年09月06日

大好きなシャインマスカットの季節


皮を剥くのが面倒で、食べるのもつい億劫に思っていた私たちの葡萄観を大ドンデン返しでひっくり返したのがシャインマスカット。初めて食べたとき、皮を剥かなくても食べられるこんな美味しい葡萄がこの世にあったの?!とドングリ眼になってしまったあのときの衝撃は今でも忘れられません。桃のシーズンが終わり、梨をいただきながら、「もうそろそろ、出て来るぞぉ♪」とシャインマスカットを心待ちにします。いえ、カジマートにはもっと前から岡山産や山梨産が並び、その美しいエメラルドグリーンの玉(ぎょく)が「私を買わないの?」と訴えかけてきているのですが、一房¥2800とか、ちょっと贅沢過ぎるし・・・。

そして昨日、長村母と自家用を求めて本葡萄園(ぶどうの木)へ行って来ました。10:00の開店を目指して行ったのですが、すでに5台ほどの車が。十数種類の葡萄が並んでいますが、浮気は一切なし。シャインマスカット一点買いですから、ほかの葡萄には目もくれず。

が、シャインマスカットのコンテナには、房の小さい、あまりグリンが美しいとは言えないものが3房だけ・・・。ちょっと売れ残り感を漂わせていて、う〜む、私の食指は動かない。

「きょうはもうこれで終わりですか?」

とお店の方にお尋ねしてみると、

「あっ、今、ほかの畑から届いたのが上がって来ました。お味をみてください」

と出してくださったものは、玉は大きく、グリンは美しく、見るからに立派。こうでなくちゃ!とお味見させていただきました。

「・・・・・・」

ええーーーーっ、さっきはショボく見えた玉の小さい見栄えの良くない方が甘味、香り、皮の薄さ、すべてにおいて勝っているではありませんか。

「えっ? 今、出してくださったこれはシャインマスカットですよね?」

「そうです。シャインマスカットなんです」

「でも、甘味も香りも高く、こちらの方が断然美味しいですよね?」

「そうなんです。違いがおわかりいただけて嬉しいです。同じ品種でも畑によってこれだけ味が違うんです」

ご贈答用にするなら後者です。だって、見栄えがすごくいいもの。そして、比べなければ美味しさの違いもわからないだろうし。でも、両方の味の違いを比べてしまったら、見栄えなんて言ってられないわ。

苺なんかお店の方に言わせると「大きさは見栄えがいいだけで味は同じ」とおっしゃいます。が、苺はハウス栽培だから、環境にあまり大きな違いはないので味も均一化されるのでしょう。でも、葡萄の畑違いって言うと、土も、太陽の当たり方も違いますから、その差は大きく味も異なりますよね。世界のワインの生産者があまりにも多すぎて、とても覚えていられない・・・と常々思っていたのですが、同じ葡萄でも畑によってこれだけ味に違いが出るとするなら、当然だわ・・・と納得したのでした。

2017年07月04日

ヨガの人


私のクラスに来られるようになって1年10ヵ月が経ったSさん。

いつも一番にやって来て、会議用の机8つと椅子24脚を移動してくださいます。私もなるべく早めに行くようにはしているけれど、大抵彼女のほう先にいらしています。

「いつも早く来て机と椅子を移動してくれて有難う」

とお礼を言ったときのこと。

「職業病で腰痛と無縁でいられなかった私に、Oさんが『ヨガにぜひいらっしゃい。すごくいいよ』とずっと誘ってくださっていたのに、なかなか実行に移せないでいました。でも、誘ってもらって本当に良かったです。腰痛も治まり、何より一週間で一番大切な私の時間になりました。そして、私のヨガはこうやって机と椅子を移動するところから、もう始まっています」

とおっしゃるのです。

ヨガは体を動かして鍛えることだけが目的ではありません。囚われない心で淡々とすべきことをする。そういう精神性を養う場でもあります。私が言葉で説明しなくても、Sさんはすでにそれを体得しておられるのでした。

2017年06月29日

アーティチョーク(チョウセンアザミ)はお好き?


多分、フランスを旅しているときにどこかのレストランで出てきたような気がするのだけれど、ほとんど記憶にないということはあんまり美味しいとは思わなかったのかなぁ。が、私たちの周りに「大好き!」という人が3人いて、長村さんが植えてみる気になった模様。

自分は食べないのに、リクエストする人がいると頑張っちゃう。また、ちょっと珍しいものだったりするとチャレンジ精神を掻き立てられるみたい。

IMG_4511[1].jpg
2016/07に播種。

IMG_0700[1].jpg
2016/12。アブラムシが付いて養分を取られるせいか成長遅し。

IMG_3020[1].jpg
2017/04初旬、畑に定植。これは4/22。
生きるか死ぬか、半分の確率って風情だったけど、大丈夫そう。

20170513IMG_0128[1].jpg
2017/05。生き生きとしてきました。
そして、意外と猛々しい葉っぱの在り方です。

20170617_IMG_0576[1].jpg
2017/06。うふふっ、しっかりアーティチョークらしくなって♪

20170624_IMG_0654[1].jpg
2017/6/24。長村さんの左手人差し指後方、
茎が黒く見えるのは、全部アブラムシ・・・。

恐らく、そろそろ食べ頃なのではないかと思うのだけれど、なにせ初めてのことで収穫時がいまひとつよくわからないのです。この蕾みの部分を蒸すか茹でるか(天ぷらにする方もあるようです)して、ウロコみたいなガクを一枚ずつ剥がしていただきます。デンプン質でホクホクしていて、ソラマメとクリを合わせたような風味だとか。今年は種取り用として鑑賞して終わるのかな?

2017年06月27日

私はナニ?


6/25の朝、目は覚めていたのだけれど、そのまま起きないでな〜んにもせず、考えない時間を貪っていたら地震。それほど大きくはない、体感的には震度2〜3ぐらいの揺れを感じながら、1階のリビングでキッチンとデスクの間を歩いている長村さんの足音に耳を澄ましていました。普通に歩いているみたい、もしかして地震に気付いてない?なんて思いながら。

「長村さん、今朝、地震があったの、気付いた?」

「え? 地震あったっけ? あっ、あれ、地震だったのかぁ。」

「えっ? なんだと思ったの?」

「和泉が動き回ってるんかと思ってた」

えっ、私、ゾウか何か?!

2017年06月26日

マスタードファン


我が家ではサンドイッチをよく作ります。サンドイッチに使うマスタードとレタスは自家製。

本当は畑で栽培した方がレタスの成長も良いことは解っているのだけれど、この時期の葉物にはナメクジや虫が付きもの。畑よりは虫が付いても毎日様子を見ることができることと、作りたいときに採りたいということで、レタスは自宅前で、プランターで長村さんが育ててくれています。

マスタードが切れていたので、いつものように長村さんにマスタードシード3種をすり鉢で擂ってもらい作りました。

IMG_0285[1].jpg
堅めの種だから、擂るのは意外と大変。

IMG_0289[1].jpg
擂ったものに香辛料やお酢などを適当に加えてマスタードに。

このマスタードで作ったサンドイッチが湯涌の教室の生徒さんにとっても人気。お二人の方から、「先生、私もマスタードを育ててみたい」と言われて、種をお分けしました(お店ではあまり売られていなくてネットでお取り寄せします)。

順調に育っているそうですが、Mさんが「失敗したらまずいでしょ。だから、Nさんの畑にスペースがあることを確認して、苗を半分持って行ってNさんにも育ててもらっているの。Nさんはなんでも上手に育てられるから、私が失敗しても大丈夫なように」。

その逞しさ、ナイスですぅ。
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。