月曜日
火曜日
 水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
午前
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
    十一屋
10:00-11:30
瓢箪
10:30-12:00
瓢箪町公民 館
珠洲
10:00-11:30
宝立公民館
午後
  野々市
14:00-15:30
しあわせの湯
       
夜間
 
20:30-22:00
東節子きもの
くみひも学院
  湯涌
19:30-21:00
旧農協2階
(12-2月休講)
瓢箪
19:00-20:30
瓢箪町公民 館
円光寺
19:30-21:00
円光寺文化センター

 
<教室について>
 
・俵は東先生の着付・組紐教室に参加される方、十一屋 は特定のグループの教室です。
・お正月、ゴールデンウィーク、お盆等休講させていただく場合がございます。
・月曜日の瓢箪町のクラスが祝日の場合は、その週の水曜日に振り替えます。
 

 
<月 謝>
種類
金額
備考
週1回(月4回)
3,500円/月
 特定の教室にお決めください。
週2回(月8回)
5,000円/月
 週に2回ヨガをやりたい方向けです。
1回
1,200円/回
 不定期で好きな教室に参加されたい方向けです。

 
<無料体験>
いつでも受け付けておりますので、ご連絡の上ご参加く ださい。
ご連絡は電話でもメールでも結構です。
なお、携帯メールは設定の都合上、届かない可能性もありますので、長村から返信 がない場合には、メールが届いていないとご判断ください。
その際はnagamura@po.incl.ne.jp宛にメールをしていただくか、お電話でお願いい たします。
 
 
<新教室>
新しい教室のご希望があれば、ご相談くださいませ。  

 
 
<講師プロフィール>
長村 和泉
いしかわ社会保険センター、勤労者プラザ、アルプラザ金沢などの講師を経て現在 はフリーで教室を開講中。
〒920-0847 石川県金沢市堀川町24-2
自宅電話     076-262-8712   
E-mail      nagamura@po.incl.ne.jp
携帯メール   fontana.akshari@gmail.com
 

 

2017年03月04日

今年初の珠洲


3ヵ月ぶりの珠洲の畑。見晴るかす田んぼの風景が気持ちを伸びやかにしてくれる。金沢駅近くの街中で緑とあまり縁のない生活をしているせいか、体が緩むわぁ。

3ヵ月放ったらかしだったのに、ちゃんと恵みを与えていただけるんです。そして、「3月に入ったらから、長村さんたちが来るんじゃない? ナメコの菌をきょう打つかどうか聞いておいて!」との畠田さんからの伝言を奥様から聞きました。相変わらず幸せ者の私たち。

$RV3VQDK.jpg
ホダギからニョキニョキ生えてるシイタケ

IMG_1957[1].jpg
この倍以上の数がホダギには出ていたそうだけど、
収穫には遅すぎてバイバイしたもの多数だそうです

IMG_1952[1].jpg
冬を越したネギ。ものすごく太いっ!

IMG_1949[1].jpg
長村さんの掌より大きいブロッコリー

IMG_1960[1].jpg
敷地内で摘んだフキノトウ
「このくらいでいい?」と長村さん。足りるわけありませんがな・・・
この3倍くらい再度収穫






2017年03月01日

初物の桜餅


第1水曜日と第3木曜日の月2回の松ヶ枝公民館のクラス(他の2回はCD録音を聴きながら生徒さんのみで自主練習)では、ヨガ終了後、おやつの時間があります。旅行のお土産、頂き物、美味しそうだったから、と誰ともなくお菓子を持ち寄ってくださり、日によっては食べ切れないほどでお持ち帰りなんてこともあります。「先生、これ余りものだけど!」といつも余計にいただくのが私。

そうそう、年末にはお手製のかぶら寿しや大根ずしをプラスチックのパックに詰めて20名に毎年持ってきてくださる方も。そして義母のことをご存じの生徒さんは「これ、お義母さんの分!」と長村母の分まで持たせてくださいます。

きょうは数ヵ月お休みされていた生徒さんが復活され、柴舟小出さんの桜餅を持って来てくださいました。折りしも、まだ風は冷たいとはいえ、日差しが春のような日で、箱が開けられたときに目に入った桃色と葉っぱが美しく並ぶ姿がなんとも上品で「まぁ、いかにも春っ♪」って口から出ていました。

「初物だわ!」

とおっしゃった方があって、同じことを思っていた私は「シンクロ、シンクロ」と思わずニンマリ。そういえば、お菓子で「初物」って言われるものって他にある? 苺や栗を使ったお菓子にははっきりと季節が感じられ、昔なら「初物」と思いつついただいたのかもしれないけれど、今や苺の旬なんていつなのかわからないほどだし、栗は年中あるし・・・。和菓子屋さんがこの時期にしか作らない、と言われるものにだけ使えそう。柏餅とか水無月とか栗きんとん?

2016年11月06日

生姜の収穫と保存


昨日は生姜を収穫しました。

IMG_0348[1].jpg
遠くまで見わたせるこの風景が大好き♪

地上部に生えている葉っぱの繁り方がこれまでになくワサワサ。今までで一番じゃない?と長村さんと期待大。

IMG_0352[1].jpg
ここは土がとても良く、この近辺に植えた人参も調子良し

IMG_0345[1].jpg
このように生えます。なので、地上部の葉っぱが横に繁って
いればいるほど、地下の生姜も豊かに育っています。

IMG_0349[1].jpg
15リットルのバケツに3杯(一部)

IMG_0364[1].jpg
白っぽいのが生姜、右奥は里芋

IMG_0365[1].jpg
適当な大きさに割りながら水洗いして芽や根をカットして乾燥
左が新生姜、右の色の濃いのが親生姜(ひね生姜)

IMG_0371[1].jpg
ホワイトリカーに漬けると一年以上保存可能
現在もまだ昨年収穫のものを使用しています。

ほがらか村などに行けば収穫時期だけ売られていますが、スーパーで売られている生姜のほとんどが高知産。地物なんてほとんどお目にかかることがありません。つまり保管が大変ということなのでしょうね。生姜農家では、気温15℃・湿度90%の防空壕のような横穴で保管し、気温の上がる夏場は保温庫に移動させるそうです。また生姜の適温は赤ワインと同じだそうなのでワインセラーで保管するのも一つの手だそうです。防空壕もワインセラーもない我が家ではホワイトリカー漬け。もちろん、ホワイトリカーも以外と量が必要なので高くつきますが、一年間安全安心な生姜をいただけますし、生姜を使い終わった後のホワイトリカーは魚の煮付けに(長村母)が使ってくれますので、無駄にすることはありません。

私の友人でもホワイトリカー漬けを実践してくれている人が何人かいます。そして今年は東京の姉も漬けてくれました。
 IMG_2286[1].jpg

ただいま、生姜のホワイトリカー漬け増殖中!

2016年11月05日

白鳥


珠洲の畑で草抜きおばさんしていたら、遠くから何かの音がだんだん近づいて来るのに気づきました。

「プップッ」
「プープー」
「コォーコォー」
「ファーファー」

なんか、へったくそな小楽隊? まさかこんなところで・・・?と思っていたら、音は空から。

白鳥でした。V字編隊というにはだいぶくだけた感がありますが、羽を大きく広げて編隊を組み飛ぶ姿はとても優雅です。

「もしかして、渡りの場面に遭遇したの? なんていい朝♪ どこに向かうのかしら?」

とちょっと浮き浮き。畠田さんにそのことを得意満面で話したら、

「ああ、毎朝、こっちの溜め池からあっちの溜め池に移動しているよ。初めて見た?」

渡りにしたら数が少なすぎると思った。

長村さんは私がヨガの教室に行っている間に、一人だけ白鳥を楽しんで来ていました。

IMG_0566[1].jpg
左奥に見える白くて長い建物が畠田さんの織物工場で、その左手が
我が家の畑。右手奥に点々と白く見えているのが白鳥。

IMG_0557[1].jpg
田んぼにいたそうです。飛び立ったのは鴨の群れ。

2016年11月02日

西川さんからのいただきもの(その2)天然なめこ


西川さんからいただいたもう一つ、天然なめこ。

IMG_0301[1].jpg
左が冷凍 右が生

私たちも原木に菌を打ってナメコとシイタケを作っていますが、週一の畑行きなので、グッドタミングで収穫できることが少なく、どちらも開きすぎのことが多いのです。西川さんがくださったようなベストな大きさのなめこにはなかなかお目にかかれないからとっても有難いです。

それにしても驚きました。天然なめこの威力。

なめこのおすましをしたところ、

「これ、松茸の香りがする・・・」

とうっとりの長村さん。ほんとにそうなんです、馥郁と松茸みたいな香り。食感も弾力があるし、味は濃いし、松茸が食べられなくても天然なめこがあればいいやいっ!て感じです。

やっぱり原木なめこは菌床と違って美味しい♪とこれまでとっても満足していたのに、天然ものは流石なのでした。参りました。




2016年10月31日

西川さんからのいただきもの(その1)あけび


知り合いの西川さんにあけびをいただきました。西川さんは定年後、日本の百名山踏破を目指して今週はここ、来週はここと山を楽しむ悠々自適のおじさまです。

IMG_0298[1].jpg
あけび

実は私、あけびって見たことはあっても食べたことがありませんでした。ツルからボッテリと垂れ下がっていて、口を開きかけたところがとっても可愛い、観賞用のイメージが強くて。長村さんに、

「自然界でこの甘味って有り得ないんじゃないかと思うくらい甘いから、一度食べてごらん」

と言われ、熟した柿だってめちゃくちゃ甘いよ、別にあけびはいいんだけど・・・と思いつつ、あまりにプッシュするので初めていただいてみました。ほんと言うだけのことはある。南国のフルーツ的な甘さです。品種改良を重ねて甘くなった日本の果物のことを思うと、手を加えられていなくてこれだけ甘いのは凄いことかも。ただ、食べると言っても、ガバッと口に含んで種の周りの甘さを楽しんだら、その種をプーッと吐き出すという感じでお腹の足しにはなりません。でもお砂糖が貴重だった時代には、見つけた人は大喜びだったんじゃないかしら。

長村さんがお隣の畠田さんの奥様とあけびの話になったとき、「食べるのが面倒なんだよね」と言ったら、奥様が「あら、私なんで種は出さないわよ。西瓜だって種ごといっちゃう」とおっしゃったらしく目を点にしていました。幼い頃からそうだった奥様がなんともなくてとってもお元気なんだから、少々食べたって大丈夫って普通なら思うじゃない? それなのに幼い頃、種を食べるとお腹がなんとか・・・と言われたのが未だに染みついているのか、私がカットして出したメロンに種のひと粒でも残っていると、丁寧にお取りあそばしているよね。もっとおおらかにおなりになって。

2016年10月30日

なんてタイミング!


「あっ・・・」

珠洲の畑に到着してトランクから荷物を下ろしながら気づきました。作ったお弁当を車に載せ忘れてる・・・。

あ〜あ、ヨガの帰りに何か買ってくるしかない。外で何か買おうと思うと、食指の動くものがなくて決めるのにほんとに時間がかかるのよね。何にしよう・・・と思いながら宝立公民館へ向かい玄関に向かっていると、生徒さんに「先生!」と呼び止められました。

「今、作ったばかりなんです。ご主人と召し上がって」

手に持っていらっしゃるのは、アツアツのお赤飯。しかも2パック。

「え〜っっっっっ、今朝ね、作ったお弁当を車に載せ忘れて、お昼に何か買わなくちゃと思っていたところだったの。そんな私の姿を見てた?」

「それは丁度良かったわ。きょうはヨガに参加できないので、お赤飯だけお届けに」

こんなことってあるんですね。私の日頃の行い、そんなに良いかしら♪

2016年10月29日

本日の珠洲


空は青く、雲がたなびき、暑すぎず寒すぎず、なんて気持ちの良い田舎のひとこま。

IMG_0267[1].jpg

暢気そうに見えるでしょ? 労働は過酷なんだよ。腰やら股関節に来るの。
ヨガで鍛えてなかったら、翌日は動けないはず。

IMG_0263[1].jpg

向こうの畑から掘り起こした落花生。
掘り起こす(by寛行)のが一番大変だけど、株から鞘を一つひとつ外していくのも時間のかかる作業です。
そして、金沢に戻ったら、今度はこれを丁寧に洗って、小さいものは茹で落花生に、残りは乾燥させます。
カビが生えないようになるべく早く乾燥させるために、長村さんは一時間置きに太陽を求めて場所を移動させ、天地をひっくり返して。本当に手間がかかります。美味しいと喜んでくれる人たちの顔を思い浮かべながら。

IMG_0278[1].jpg

草抜きオバサンしていたら、「そこに居るとお尻が写るけど・・・」と長村さんに言われて、慌てて立ち上がりました。撮る前にひと声かけてくれるようになったのは、そのまま写ったものがこれまであまりにひどかったから?!

IMG_0288[1].jpg

今年、最後のイチジク。
まだ青い実はたくさん付いているけれど、多分、熟さないまま青枯れしていきそうな様子です。
今年もありがとう。また来年よろしくね。

2016年10月28日

火難再び・・・


結婚一周年に長村両親からアレッシーのバードケトルをプレゼントされました。水切れもとても良くて気に入っていたのだけれど、あるとき長村さんが火にかけたまま仕事に没頭して空焚き→オシャカに。それ以来、我が家ではお湯を沸かすのにお鍋を使用しています。

先日、コーヒーを入れようといつものようにお鍋でお湯を沸かし、ペーパードリップにセットしたコーヒーにお湯を注いでいたら、ふんとお出しの匂いが立ち上ったような気がしたのです。最近、夕食の洗い物は長村さんがやってくれるのですが、もしかして、おつゆが終わってコンロに置いておいたお鍋を彼が気付かず洗わなかった?と思い、お鍋を持ち上げて匂いを嗅いでみまました。

そしたら、目測を誤りお鍋の縁が私のあごを直撃。

「ジュッ」って言ったぞぉぉぉぉー!

ビタクラフトのお鍋は多層構造で熱伝導が優れているのは良いのだけれど、肌に当たると普通のお鍋より熱いっ。

前回のアジの南蛮漬けのときより長い時間、私のあごを冷やしたし、馬油も塗ったのに、チリチリ感の続くこと。熱いものに慣れている手とぬるま湯かお風呂のお湯程度の熱さしか経験しないお顔の皮の厚みは違うのでしょうね。

鏡で見てみると、あごの輪郭部分に5cmほどの長さで、まるでチョビヒゲみたいに赤くなっています。なんだか、火難が続くわ。それにしても、目測を誤るとか、老化!?

2016年10月27日

漏れなく付いてきます♪


近所の友人Aさんから、「いつもならもう終わっている時期なのに、主人の実家の裏山にまだあったから。ちょっと開きかけているけれど」とシバタケをいただきました。

ちょうどお出しもとってあったのでおすましにしようと塩水に浸けておきます。キノコって意外と虫が付いているので、うちの畑で育てている原木シイタケやナメコも必ず塩水に浸してから料理するようにしています。まあ、取り切れないこともあるんだけどね♪

1時間ほど経って、さて調理しようと思ったところ、Aさんから大慌ての電話。

「和泉さんっ、虫がいるから、もし嫌だったら捨てて!
 今、食べようと思ってお鍋からよそおうとして悶絶しそうになったわ。
 なんか、いっぱい、居る・・・」

Aさんはいつも虫が付く前の段階で収穫できるから、これまでこんな経験はなかったそうです。我が家なんて、一週間に一回の畑行きだから、ジャストタイミングで収穫できることの方がまれ。虫は付きものと思ってるけれど。

シバタケを浸しておいたボールの底を覗いてみると・・・。
いる、いる。
2mmぐらいの白くて細い体に黒い目がチョコンと付いたの。

「うふふっ、まるで釜揚げシラスのちっこい版。しかも天こ盛り♪」

Aさん、これを知らずに料理して食べる段になって気付いたら、そりゃ、悶絶だろうなぁ〜。

「釜揚げシラスが天こ盛りだよ、見においでよ!」と誘っても絶対に見ようとしない神経質な長村さんが、「和泉、ちゃんと全部取れた?」としつこく聞いてくるので、「大丈夫、大丈夫!」と言っておきましたが、100%取り切るのは無理。「まあ、タンパク質、タンパク質」と思ったのは内緒です。

過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。